観察データ

観察データの使い方

神楽が峰

200212
日付と場所
投稿者 Observer 飯田千香子
観察日付 Observation At 200212
投稿日時 Posted At 200213 00:26
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 神楽が峰
場所 Location かぐらBC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1350m〜2000m
気温 Temp. 1.6(1215hrs / 1950m) 〜 4.2(1030hrs / 1850m)
天気 Sky FEW 雲量1-3()
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:昼頃よりL
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 積雪は沈降が進む。日射の影響を受けた斜面では積雪表面がモイストとなりストップスノーとなった。昇温の影響により、N面も1600m以下では昼以降モイストとなる。新たな積雪は50cm-90cm、その下にMFcr層3cmがある。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括