観察データ

観察データの使い方

野谷荘司山

180119
日付と場所
投稿者 Observer 杉坂 勉
観察日付 Observation At 180119
投稿日時 Posted At 180119 22:43
エリア Range 中部その他 Chubu others
山岳 Mountain 野谷荘司山
場所 Location 鶴平新道東斜面
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 700m〜1300m
気温 Temp.
天気 Sky CLR 雲量0()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 0109MFcr硬度Pの上に硬度1F〜4Fの積雪層30cmが乗る。この積雪層は17日の降雨の影響で粒径0.5〜1cmのウェットなざらめになっている。クラスト層とざらめ層の結合は悪くない。さらに標高1200mより上部ではざらめ層の上に厚さ1cmのあられ混じりの新雪層が乗る。これは18日午後からの降雪と思われる。 全体的に積雪層はウエット。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

昇温と日射の影響が少ない北〜北東向き斜面では積雪表面がクラストしており、スキーが引っかかる。とても滑りにくく膝の怪我などに留意の必要な斜面だった。