観察データ

観察データの使い方

神楽が峰

200307
日付と場所
投稿者 Observer 飯田千香子
観察日付 Observation At 200307
投稿日時 Posted At 200307 20:20
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 神楽が峰
場所 Location かぐらBC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1380m〜2000m
気温 Temp. 3.2(1400hrs / 1950m) 〜 3.6(1100hrs / 1700m)
天気 Sky SCT 雲量4-5()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 標高1700〜1850m付近のSE面にてsize1の湿雪点発生雪崩多数。斜面トラバースによる誘発と雪庇崩落による発生。標高1700m付近SE面に複数のグライドクラックを確認。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack HST20-40cm(硬度1F)がMFcr層3cm程度の上に載る。N面では旧雪との結合は悪くない。MFcr層内部には再結晶化した雪が含まれ、MFcrの硬度はところにより4Fの逆構造となっている。日射の影響を受けた斜面の雪はモイストとなる。全方位で沈降が進む。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括