観察データ

観察データの使い方

かぐらBC

200325
日付と場所
投稿者 Observer 長井 淳
観察日付 Observation At 200325
投稿日時 Posted At 200325 19:11
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain かぐらBC
場所 Location かぐらBC
同行者 Co-worker 長井里奈,山本アツキ
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1170m〜1950m
気温 Temp. -4.0(1100hrs / 1760m) 〜 0.6(1230hrs / 1170m)
天気 Sky CLR 雲量0(1000hrsごろBKN)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:1000hrsごろMの風
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 友人からの情報/動画参照,標高1700m,支尾根直下,NE向き35度以上の沢状急斜面にて、N面からのスキーカットにより、Sa,WS,厚みHST40cm,size2,エアバック使用で埋没せず,滑り面は0323MFcr。 高石尾根標高1800mSE面の極端な急斜面にて、今朝までのものと思われるWS,Na,size1.5,滑り面は0323MFcr。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 0323MFcrに20〜70cmのHSTが載る。 S向き斜面やBTL低標高の雪面は融解凍結し、TLのN斜面はドライを保っている。
Spin No
コメント Comments 自分とインシデントの友人が選択した斜面(沢)は、150m程度の距離。それぞれ斜面方位、斜度が似ている。 自分が選択した沢地形はシンプルな地形。 インシデントの遭った沢はクロスローディングの風の影響を受ける側で、さらに凸状地形だったことが影響したかもしれない。
動画URL Movie 動画あり
総括