観察データ

観察データの使い方

八方尾根

201223
日付と場所
投稿者 Observer 古瀬和哉
観察日付 Observation At 201223
投稿日時 Posted At 201223 22:32
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 八方尾根
場所 Location 八方尾根BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1000m〜2100m
気温 Temp.
天気 Sky FEW 雲量1-3(朝のうちは雲に隠れ山麓からは山が見えず次第に回復)
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 稜線付近の東、南東、南斜面などで複数のサイズ2〜2.5の面発生破断面を確認。ストーム中かもしくは直後と思われる。 1900〜1500m東向きの局所的な急斜面でサイズ1の乾雪点発生がSaにより数回。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 昨夜から朝方にかけてのHST5から10cm(標高により異なる)が風の影響を比較的受けずに旧雪に載り、多くの斜面ではルースな状態で斜度によっては人の刺激に反応。南斜面では日射により積雪表面は融解し午後には再凍結。1500m付近のHS190cm。近年のこのフィールドでは斜面利用は極めて少ない。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

この時期の太陽の高さにしては日射の影響が大きく感じた。