観察データ

観察データの使い方

かぐら峰

210103
日付と場所
投稿者 Observer 山本純暉
観察日付 Observation At 210103
投稿日時 Posted At 210103 17:09
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain かぐら峰
場所 Location かぐらBC
同行者 Co-worker 長井淳
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 680m〜1880m
気温 Temp. -9.5(1200hrs / 1880m) 〜 -3.0(1530hrs / 680m)
天気 Sky X 不明(山頂付近は終日X。 1500m以下は日が差し込む時間帯もあり。 午後山麓はSCT。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:N
風コメント Wind Comments:Cの時間帯もあり。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:強弱あり、午後次第にやむ。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 標高1800m付近の極端な急斜面においてNa, 点発生, Size 1
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 標高1800mのE向斜面において↓100cmまではF~1Fの徐々にしまる正構造。 ↓40cmまでは硬度Fでスラブ化していない。 ↓60cmに比較的大きな降雪結晶のウィークインターフェイスが存在するが顕著な結果は得られなかった。 森林帯では午後沈降が始まっていた。
Spin No
コメント Comments スラフの走るドライなパウダーを楽しめました。
動画URL Movie
総括