観察データ

観察データの使い方

羊蹄山 Mt.Youtei

210104
日付と場所
投稿者 Observer Jun Ishiguro 石黒 淳
観察日付 Observation At 210104
投稿日時 Posted At 210104 16:46
エリア Range ニセコ・羊蹄・余市・尻別 Niseko Yotei Yoichi Shiribetsu
山岳 Mountain 羊蹄山 Mt.Youtei
場所 Location 南東斜面 SE Slope
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 300m〜1000m
気温 Temp. -13.7(1330hrs / 1000m) 〜 -8.3(0945hrs / 300m)
天気 Sky X 不明(降雪により不明)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S3
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations なし。サポートのない凸状斜面でスキーカットで結果なし。 No OBS. No ski-cut result @ non supported convex roll
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 0102の積雪に60cmほどの新しい雪が載る。0102観察のPPsd由来の粒の大きな雪からなる層はCTで結果が出るが埋没深さが100cm深く、上に載る雪も全体が再結晶気味でスラブとして振る舞わない。1223-24の気温上昇によるMFcrはFCのまま保たれている。SPIN参照。60cm new snow add on 0102 snowpack. A layer of PPsd metamorphosed large snow grains act by CT, but the layer depth is 100 cm deep, and the overlying snow does not behave as a slab because it is entirely facet. MFcr (metamorphosed into FC) of 1223-24 temperature increase keeps the FC intact. see SPIN.
Spin No Yes(3332)
コメント Comments
動画URL Movie
総括

樹林帯の積雪は木の上からの大きなブロックが落ちてかなり不均質。 斜度があるところはオーバーヘッドパウダーだが、麓の移動が辛い。