観察データ

観察データの使い方

谷川岳

210105
日付と場所
投稿者 Observer 長井 淳
観察日付 Observation At 210105
投稿日時 Posted At 210105 16:08
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 谷川岳
場所 Location 谷川岳BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 870m〜1963m
気温 Temp. -5.7(1200hrs / 1920m) 〜 4.9(1330hrs / 870m)
天気 Sky BKN 雲量6-9(薄曇り)
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:1100hrsごろまでM-Wの風で、飛雪や雪の移動が見られた。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 観察無し
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 標高1620m,E面にて、旧雪(4F)に厚み5センチのウィンドスラブ(1F)が載り、最近のHST20cm(4F)の下に埋没している。 積雪表面は新しいウィンドスラブ1cm。 CTでは顕著な結果は得られなかった。 ↓10cmと↓20cm間に4℃の温度勾配があり、↓20cmで-7.1℃、↓70cmまでは深くなるほど雪温が低い。 ALPは積雪多様性があり、風上やE向きの凸状地形は風の影響を受けた形跡が見られた。
Spin No
コメント Comments 今シーズン最初の谷川岳詣でした。 ALPはBTLほど地形が埋まっていない。 HSTに隠されたグライドクラックに留意。
動画URL Movie
総括