観察データ

観察データの使い方

神楽ヶ峰

210109
日付と場所
投稿者 Observer 長井里奈
観察日付 Observation At 210109
投稿日時 Posted At 210109 22:54
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 神楽ヶ峰
場所 Location かぐらBC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1400m〜1950m
気温 Temp. -12.2(0945hrs / 1820m) 〜 -8.4(1320hrs / 1600m)
天気 Sky BKN 雲量6-9(朝はFEW、昼頃よりOVC〜X、その後薄く青空が覗く)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:朝はW寄りの風。稜線周辺ではM。飛雪あり。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:昼頃から降雪が始まり、S2の時間帯も。1430hrs頃止む。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 1700m E面ノール地形にてSc深さ10cm幅20m面発生Sz1 その他視界不良の為観察なし
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 0107より始まったHSTは1750mのN向き尾根上で約120-130cm。プローブから手を離すと↓120cmに存在すると思われるウィンドスラブまで貫通する。上部50cmは結束力の弱い積雪で、その下層は4F。1600mN向き急斜面でのScでスラフとなった。稜線ではソフトスラブ化している。1500mでは少しずつ沈降が始まりかけている。
Spin No
コメント Comments 主に風の影響が少ない地形での行動。
動画URL Movie
総括