観察データ

観察データの使い方

北八ヶ岳

210119
日付と場所
投稿者 Observer 鳥山 強
観察日付 Observation At 210119
投稿日時 Posted At 210119 18:08
エリア Range 八ヶ岳 Yatsugatake
山岳 Mountain 北八ヶ岳
場所 Location 北横岳
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1750m〜2480m
気温 Temp. -14.6(1156hrs / 2480m) 〜 -8.8(0830hrs / 1750m)
天気 Sky FEW 雲量1-3()
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:山頂付近は西の風がS
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 無し。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 西面を行動、笹も岩も概ね雪に覆われている。山頂付近でHS90cmと積雪は増えている。踏み固められた登山道上に吹き溜まりが多数あり、風による再配分が散見する。 積雪はグランド付近・雪面付近ともに、疎が密を支える構造。雪面付近にスラブ(硬度P)が顕著でPP由来のウイークインターフェイスも存在する(BPテストにて)。
Spin No Yes(3462)
コメント Comments 雪面付近には風により再配分された雪の脆弱性があり、CTで反応はなかったが再結晶した雪が積雪全体をを支えている。
動画URL Movie
総括

風の影響による雪の再配分が顕著にあり雪面付近にスラブを構成、テストで反応する。斜度のあるオープンな地形に(アンカー要素の無い)留意したい。