観察データ

観察データの使い方

関田山脈

210201
日付と場所
投稿者 Observer 黒田 誠
観察日付 Observation At 210201
投稿日時 Posted At 210201 15:33
エリア Range 上信越その他 Joshinetsu others
山岳 Mountain 関田山脈
場所 Location 関田山脈中央
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 550m〜1280m
気温 Temp. -1.8(1110hrs / 1100m) 〜 2.1(1300hrs / 550m)
天気 Sky BKN 雲量6-9(時間の経過とともに雲量は増加。正午には西側はOVC。)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:稜線付近は雪の移動が激しい。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 600m以下の日照急斜面でスキーヤーの刺激で湿雪点発生複数。1100mの北向急斜面でサイズ1の乾雪点発生が自然発生。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 積雪表面には表面霜1~4mmがあり、日照斜面以外では融けずに残っている。昨日までのHST30~40cm(硬度F〜4F)は、北面以外ではMFcrの上に載っている。旧雪とのボンディングは良くないが、時間の経過とともに安定する方向。稜線直下の風下斜面には、硬度P~1Fのウインドスラブが形成されているが、反応は特にない。800m以下の日照斜面では、積雪表面はモイスト〜ウェットに。
Spin No
コメント Comments 板がよく走るパウダーを楽しめました。
動画URL Movie
総括

HSは平年比では、大分少ない。薮が出ていたり、沢が埋まりきっていないなど、注意が必要。斜面利用は特定の斜面に集中している。