観察データ

観察データの使い方

霧ケ峰高原BC

210202
日付と場所
投稿者 Observer 鳥山 強
観察日付 Observation At 210202
投稿日時 Posted At 210202 21:23
エリア Range 中部その他 Chubu others
山岳 Mountain 霧ケ峰高原BC
場所 Location 車山
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1800m〜1924m
気温 Temp. -3.1(1149hrs / 1924m) 〜 -1.4(1100hrs / 1800m)
天気 Sky X 不明(時折りBKN)
風 Wind 風速 Wind Speed:S 12-17m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:飛雪M
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 無し。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 低気圧による降雪は定点で15cm。車山西面・北面共にほぼアンカー要素は埋まる。グランド付近にはDH層があり、1F~Pの硬度の1mを越える積雪を支えている。このDH層でCTH(26)の結果。 また、積雪内には強固で厚いクラスト層があるためCTでは結果は出ないものの、ウイークインターフェイスも存在する。
Spin No Yes(3535)
コメント Comments 湿った雪が降り、グランド付近に存在するシモザラメ層への荷重増加が想像される。
動画URL Movie
総括

0129には、昇温による底雪崩が車山の西面~北面で確認されている。0202の低気圧による降雪は、グランド付近にあるシモザラメ雪層への荷重増加が想像される。 今後、昇温・降雨・湿った雪が降ることにより、0129に見られたような底雪崩が発生する可能性があることに留意したい。