観察データ

観察データの使い方

霧ケ峰高原BC

210209
日付と場所
投稿者 Observer 鳥山 強
観察日付 Observation At 210209
投稿日時 Posted At 210209 17:59
エリア Range 中部その他 Chubu others
山岳 Mountain 霧ケ峰高原BC
場所 Location 車山
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1800m〜1924m
気温 Temp. -12.0(1140hrs / 1924m) 〜 -10.5(1030hrs / 1800m)
天気 Sky SCT 雲量4-5()
風 Wind 風速 Wind Speed:S 12-17m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:飛雪がM
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations ウインドスラブのスノーシューでの破断(Sc・S・サイズ1・onPP・北面・1820m)。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 強い西風により再配分された雪は、北面をクロスローディングしてクラスト上にウインドスラブ(硬度4F~1F)を形成、敏感に反応する。 また、0129の底雪崩発生区(車山西面)には、すでに十分な積雪がある。
Spin No
コメント Comments 斜度のある北面ではウインドスラブに注意。
動画URL Movie
総括

霧ヶ峰高原では2日間にわたり数㎝の降雪があり、強い西風により雪の再配分が進んだ。定点(標高1680m)で今朝7時の気温は-19度、強い西風と冷涼な気温推移の中で、クラスト上にウインドスラブが形成されている。霧ヶ峰には貴重な新雪だが、吹き溜まりを求めての活動には地形要素を十分に考慮したい。 また、0129の底雪崩発生区にはすでに十分な積雪があり、今後昇温、降雨などの気象に大きな変化のある時は十分な注意が必要。