観察データ

観察データの使い方

霧ケ峰高原BC

210211
日付と場所
投稿者 Observer 鳥山 強
観察日付 Observation At 210211
投稿日時 Posted At 210211 18:55
エリア Range 中部その他 Chubu others
山岳 Mountain 霧ケ峰高原BC
場所 Location 三峰山
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1470m〜1887m
気温 Temp. -4.8(1256hrs / 1887m) 〜 -1.8(0845hrs / 1470m)
天気 Sky FEW 雲量1-3()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:稜線では西の風がM、飛雪がL
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 雪庇崩落が2か所・標高1820m・東面・サイズ1~2(0209のものと思われる) 稜線付近、落ち残りの雪庇周辺でスキーカットすると、ウインドスラブが足下で破壊するが伝播しない。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack グランド付近にはシモザラメ雪が顕著。森林限界付近ではクラスト層の上に再配分された雪が数㎝程度積もる。クラストの露出したところもある。北~東面ではクラスト層が滑走を支えるが、ボールの南東面ではスキーで踏み抜く。 樹林帯は雪面付近にクラストが顕著、再結晶した雪に彩られた積雪で圧密が進んでいないため滑走に不向き。
Spin No Yes(3565)
コメント Comments 雪庇崩落によっても、東面の積雪は反応しなかったものと思われる。
動画URL Movie
総括

三峰山稜線の東側はほぼ積雪に覆われている。ストーム中と思われる稜線からの雪庇崩落の跡が確認されたが、この崩落によっても東面の積雪は反応しなかったようだ。ただし北~北東面などでは、クラスト上の積雪に未確認な部分もあり、斜度を上げての滑走には十分に注意してください。