観察データ

観察データの使い方

神楽峰

210216
日付と場所
投稿者 Observer 長井 淳
観察日付 Observation At 210216
投稿日時 Posted At 210216 14:21
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 神楽峰
場所 Location 下の芝
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1400m〜1700m
気温 Temp. 〜 -4.6(1130hrs / 1700m)
天気 Sky (午前中は時々雲の切れ間から日照あり。 昼ごろよりBTLはSCT,)
風 Wind 風速 Wind Speed:
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:支尾根は時々Mの風,時々雪の移動が激しく、視界不良となる時があった。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations BTL低標高帯,S向き凸状地形の急斜面にて、wet loose snow,size1,
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack HST0〜27cmで積雪に多様性がある。 相対的にS寄りの凸状急斜面は0216MFcrが露出している。 1600m付近のNE面では、雨の影響を受けた旧雪の厚みは20cm以上あり、HSTとの境界面は厚み3cmのMFcr(K)が形成されていた。 斜度の穏やかな地形に10-15cmのHSTが堆積しており、斜度の緩やかな沢状地形はさらに多く堆積していた。 BTL,S向斜面は日射の影響を受けて沈降が進む。
Spin No
コメント Comments そこ付きを避けて、斜度を落とした斜面選択。
動画URL Movie
総括