観察データ

観察データの使い方

遠見尾根

210217
日付と場所
投稿者 Observer 鈴木猛志
観察日付 Observation At 210217
投稿日時 Posted At 210217 13:51
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 遠見尾根
場所 Location 五竜スキー場
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1000m〜1500m
気温 Temp. -6.0(0700hrs / 1515m) 〜
天気 Sky OVC 雲量10()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:夜間は風の強い時間があった模様。風の影響は開けた場所ではあるが、森の中は影響少ない。7~10時頃は風は弱め11時頃からまた風が強くなる。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S2
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 傾斜40度以上の急斜面、スキーカット、花火ともに表面10~20㎝がスラフで雪崩れる。サイズ1。斜度が緩くなるとデブリはすぐ止まる。横への伝播性は弱いが、斜度の急な沢状地形が続くようなところではデブリの流下距離は長くなった。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 1500m付近で期間降雪量HST約50㎝。風によってHSTのムラがある。24時間以内の降雪分非常に柔らかく、密度は低い感触。0216の未明までに降った分は密度は若干高め。0215の雨は1400m以下、1400~1600mは非常に水っぽい湿雪だった。1300m以上は融解凍結クラストになり硬度はP程度。1300m以下ではまだウェットなザラメ雪が硬度4F~1F程度である。新雪との結合は悪くない。新雪の10~20㎝は密度低く、斜度ときっかけがあればスラフで動き出した。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

底付きはほとんど感じられず、ほぼリセット。滑走感はいいが、気持ちよく滑るには斜度が欲しくなる降雪量である。斜度が緩いとスタックすることも。グラインドクラックは隠れ気味で分かりにくくなった。