観察データ

観察データの使い方

霧ケ峰高原BC

210218
日付と場所
投稿者 Observer 鳥山 強
観察日付 Observation At 210218
投稿日時 Posted At 210218 19:26
エリア Range 中部その他 Chubu others
山岳 Mountain 霧ケ峰高原BC
場所 Location ゼブラ山
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1498m〜1776m
気温 Temp. -12.1(0800hrs / 1650m) 〜 -8.1(1047hrs / 1498m)
天気 Sky BKN 雲量6-9()
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:飛雪M
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations ノールをスキーカット、ウインドスラブの崩壊・スラブの硬度はF~4F
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 0215の湿った降雪により形成されたクラスト層の上に、その後の降雪、西風に再配分された雪が積もり、尾根の北側にウインドスラブを形成している。スラブはノール地形の一部に限られているものの、雪庇にまで発達しているところもある。 森林限界付近、森林帯ともに上記クラストが滑走を十分に支え、樹林帯ではクラスト上の積雪(15cm程度)はルースな状態。
Spin No Yes(3595)
コメント Comments クラストに裏切られることなく滑走を楽しめた。
動画URL Movie
総括

0215の前線通過により形成されたクラスト層がスキー滑走を十分に支えてくれる。オープンな地形ではクラストがいちぶ露出しているものの、クラスト上の積雪はルースな状態で滑走を楽しめる。霧ヶ峰の外輪北の端では雪庇が発達しており注意が必要。斜面の変わり目(ノール地形)には限定的ながらウインドスラブが形成されているので、斜度のある、大きな地形では十分に注意をしてください。