観察データ

観察データの使い方

白馬乗鞍岳

210219
日付と場所
投稿者 Observer 黒田 誠
観察日付 Observation At 210219
投稿日時 Posted At 210219 21:45
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 白馬乗鞍岳
場所 Location 親沢周辺
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 850m〜1910m
気温 Temp. -6.2(1250hrs / 1910m) 〜
天気 Sky FEW 雲量1-3(午前中は稜線に雲がかかっていたが、午後には解消。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:N
風コメント Wind Comments:稜線では終日北〜北西風による飛雪
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 2000~2600mSE1/4斜面にサイズ2〜3の面発生雪崩が多数自然発生。1800m北斜面にサイズ1.5〜2の面発生雪崩が自然発生。2000m以上の急斜面に乾雪点発生サイズ1多数。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 15日の雨の影響はおおよそ1900m以下。HSTは70〜140cm。1700m以下ではHST内の温度勾配は大きくなる。HST内には複数の脆弱性がある。↓20~30cmには、1~1.5mmの樹枝状結晶・厚み0.5~1cmの弱層があり、人の刺激で反応する。その下には、複数の再結晶化による脆弱性があるので、以後も観察が必要。日照の影響を強く受ける斜面では、積雪表面にMFcrが形成された。 PF40~80cm。
Spin No
コメント Comments 結構複雑な状況になってきました。
動画URL Movie
総括