観察データ

観察データの使い方

神楽ヶ峰

210227
日付と場所
投稿者 Observer 山本純暉
観察日付 Observation At 210227
投稿日時 Posted At 210227 18:20
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 神楽ヶ峰
場所 Location かぐらBC
同行者 Co-worker 長井里奈
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1470m〜1880m
気温 Temp. -12.4(1340hrs / 1880m) 〜 -11.9(1100hrs / 1680m)
天気 Sky BKN 雲量6-9(午前中は不明。)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:午後次第にLになる。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 標高1550m付近、支尾根直下のSE面において面発生雪崩Size 1, Sa。深さ50cm, 幅10m。 BTLのサポートの無い地形にて、Scで↓50cmが反応、伝播はしない。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack HN平均30cm、最大60cmが作昼までの高度F、厚み5-10cmの降雪結晶の層にのる。南面においては0226MFcrが降雪結晶の下層に存在する。 積雪は逆構造となっており、人の刺激に反応する。 支尾根周辺は風の影響を受け、MFcrの露出や高度PのWSの形成が確認された。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括