観察データ

観察データの使い方

岩木山

210304
日付と場所
投稿者 Observer 野高健司
観察日付 Observation At 210304
投稿日時 Posted At 210304 21:31
エリア Range 八甲田 Hakkoda
山岳 Mountain 岩木山
場所 Location 岩木山BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 400m〜1180m
気温 Temp. -2.4(1312hrs / 1050m) 〜
天気 Sky CLR 雲量0()
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations Sc サイズ1 (ウインドスラブ) @1050 北に派生する尾根の風下吹き溜まり。伝播性が高い。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 沈降の進んだHST10〜20cmがMFcr(厚さ2cm程度)の上に載る。その下は硬度の異なる濡れザラメ。場所により、濡れザラメ層の中に、極端に硬度が低く脆い層がある。森林限界上は概ねMFcrが露出。風下斜面は20〜40cmのウインドスラブが形成、発達。
Spin No
コメント Comments 行動中は終始強い西〜南西の風が吹き、TL上の風下の吹き溜まりには強固なウインドスラブが形成されていて敏感に反応する。210302降雨により発生したと思われる雪崩跡、スノーブロックが随所にあり、注意が必要。
動画URL Movie
総括

滑落、ウインドスラブ雪崩、スノーブロックへの激突等、様々なリスクをはらんだコンディション。