観察データ

観察データの使い方

鍋倉山

210311
日付と場所
投稿者 Observer 須藤 史
観察日付 Observation At 210311
投稿日時 Posted At 210311 18:19
エリア Range 妙高・戸隠 Myoko/Togakushi
山岳 Mountain 鍋倉山
場所 Location 東斜面
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 552m〜1288m
気温 Temp. 2.3(0830hrs / 552m) 〜 10.9(1100hrs / 1288m)
天気 Sky CLR 雲量0()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 標高800m以下は日射と昇温の影響で積雪の融解は進みモイスト〜ウェットになったが積雪の強度は保たれていた、800m以上北よりの斜面は1430の時点で上部に硬いクラストが残っていた。 1272m(山頂直下) E aspt コンプレッションテスト 積雪内は表層~125cmまでザラメ雪としまり雪1F以上の硬度。CTM18(BRK) down 10 on MFcr(亀裂のみでブロックに動きは見られず)
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

日中を通してスノーボール、ブロックの崩落等は観察されず、安定した雪面を滑ることができた。 標高700m以下の積雪の融解はかなり進みツリーホールが大きくなっていた。