観察データ

観察データの使い方

焼岳

210320
日付と場所
投稿者 Observer 旭 立太
観察日付 Observation At 210320
投稿日時 Posted At 210321 09:56
エリア Range 立山・穂高 Tateyama/Hotaka
山岳 Mountain 焼岳
場所 Location 焼岳BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1515m〜2455m
気温 Temp.
天気 Sky BKN 雲量6-9(朝のうちはFEWで1200頃、雲量が増えるが1300頃から再度、雲量が減り再び1500にはOVC)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:S
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 標高2400〜2300mの南西向きの極端な急斜面にて、Sc、Saのサイズ1の湿雪点発生雪崩複数。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 春の融解凍結コンディションに、1〜2日前のものと思われるHST10〜15cm程度がのる。HSTは標高2000m以上の東側斜面に堆積。昨日の日射や昇温を受けて積雪表面は薄い融解凍結クラストが形成されていたが、朝からの日射や昇温を受け融解が進んだが午後、日射影響がなくなった斜面や風の影響がある斜面では再凍結が始まっていた。
Spin No
コメント Comments 日射、昇温、雲量、風で積雪表面は目まぐるしく変化
動画URL Movie
総括

最近、滑走者、登山者の混在する山ではラッセルに強い滑走者(特にシール歩行)のトレースを登山者が追いかける傾向がよく見られる。トレースを使うのは勝手だが、地形要因など何も考えず付いてくる事がほとんどなので配慮が必要な時もある。