観察データ

観察データの使い方

朝里岳BC

180312
日付と場所
投稿者 Observer morris
観察日付 Observation At 180312
投稿日時 Posted At 180313 10:21
エリア Range 札幌 Sapporo
山岳 Mountain 朝里岳BC
場所 Location 南東面
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 630m〜1010m
気温 Temp. -3.7(1300hrs / 1010m) 〜 -1.9(1015hrs / 630m)
天気 Sky OVC 雲量10(午後から(BKN) 日射しもでる)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 南東面 type-U trigger-U size-1.5 長さ-150m程度(斜度31°地図計測) 幅-8m デブリ深-45cm(D) 2本流れており1本(幅・デブリ深さは同等)は少し短い 発生区の観測はなし。(当日午後の発生)
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 樹林帯の行動、MFcr(厚さ3-4cm 硬さP)の上に昨日からの降雪(10-15cm)が載っている。東/南東面オープン部では地形/風の影響で上載積雪にバラツキもあり、スキーも良くずれる。上部のMFcr層に踏み抜きは出ない。 積雪構造は、@1010m ↓60cmまで4層のMFcrがDF/RGを挟みミルフィール状態、下部の30cm程はmoistとなっている。CTでは(RP)顕著な結果はでない。日射しを強く受ける面ではmoist、午後3時過ぎからは硬化が始まっている。
Spin No
コメント Comments スキーアイゼンがなくツボ足登行でキックでも踏み抜きが弱く1010mで行動停止。 下山途中に雪崩発生を確認、再登行のため発生区までの観測はない。 近くの北東面1200mに西風による風紋が見られる。
動画URL Movie
総括