観察データ

観察データの使い方

利尻山

180315
日付と場所
投稿者 Observer 藤井大志
観察日付 Observation At 180315
投稿日時 Posted At 180315 17:59
エリア Range 北海道その他 Hokkaido others
山岳 Mountain 利尻山
場所 Location 北東斜面
同行者 Co-worker 西島 昇、nana?
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 0m〜860m
気温 Temp. -2.6(1226hrs / 860m) 〜 0.1(0910hrs / 1m)
天気 Sky OVC 雲量10(視界はばらつきがあり、時折100m程で日射は無し。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:S方向の時間もあり。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:@400m以下はRS。気温も高く装備は濡れる。
雪崩などの観察 Avalanche Observations @450m、南東、Na、面発生湿雪、Size 1
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 硬度KのMFcrに、1Fのモイストなしまり雪が風の影響少なく10cm 載る。スキーペン8㎝。シールでのトラバースで容易に破断し自然発生を観察したのでMFcrとHSTの結合は悪い。降雨による縦溝は低標高で顕著。
Spin No
コメント Comments 低標高の縦溝はHSTでは埋まらず、滑走には注意が必要。
動画URL Movie
総括

HSTの結合は悪く、視界も余り良くないので、急斜面での滑走は避けた。 HSTは薄いがモイストで斜度の緩い沢では快適な滑走。