観察データ

観察データの使い方

利尻山

180317
日付と場所
投稿者 Observer 藤井大志
観察日付 Observation At 180317
投稿日時 Posted At 180317 18:26
エリア Range 北海道その他 Hokkaido others
山岳 Mountain 利尻山
場所 Location 北東斜面
同行者 Co-worker 西島 昇、nana
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 0m〜1719m
気温 Temp. -6.5(1005hrs / 1080m) 〜
天気 Sky BKN 雲量6-9(午後より層積雲に覆われ、@900mより上部は視界不良。)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:NE
風コメント Wind Comments:ALPでは時々Sの風速。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations @970m、東面、Sa、Size 1.5、ウィンドスラブ、深さ10㎝、幅15m、長さ50m、滑り面しまり雪、滑走者の50m離れた位置で発生。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 昨日の0316と同じく風は強く飛雪はM 。北北東面の沢の中での観察。積雪表面は全面でウィンドスラブ、西面はしまり雪のストームスラブが少し残る、局所的にMFcr が露出するが僅かである。ウィンドスラブは硬度1F、シールの登りで局所的に薄く破断するが走路は短い。ストームスラブのしまり雪は表面がウィンドパックされ表面は1Fだがその下は4F。 BTLの降雨による縦溝は僅かに残るが、滑走は可能。
Spin No
コメント Comments 前日からの観察でウィンドスラブに留意しながらの行動。広く斜度の緩い斜面に多く観察した印象。
動画URL Movie
総括

西よりの風が強い予報で、東面での行動を選択。視界も悪く限定的な行動。@1570mまではシールで登れた。