妙高 Myoko

190118 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(17日)は、スキー場での朝の雪崩管理において、人的な誘発によるサイズ1.5の面発生雪崩が観察報告されています。

積雪 Snowpack

昨日(17日)夕方から今朝までにまとまった降雪があり、新たなストームスラブを形成しています。この降雪は、標高が低い、あるいは昨日、日射の影響のあったところでは、湿ったあるいは融解凍結した雪面に載っています。また、アルパインでは風速20 m/sを超える強風が吹いており、激しく雪を移動させています。

天候 Weather

妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて、過去12時間で38cm(5時45分現在)の降雪がありました。同点での気温は-10℃(5時45分現在)です。気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、やや強く、雪か雨、最高気温4℃(標高13m)を予報しています。

行動への助言

危険な雪崩コンディションです。積雪の注意深い評価、慎重なルート選択と保守的な意思決定が必要不可欠な日です。稜線や支尾根の風下側に形成したスラブに警戒し、孤立した地形や「地形の罠」を避けてください。森林帯にいても、自分の上方に存在しうる雪崩発生区に注意を払ってください。経験が浅い方は、スキー場内で新雪を楽しむのに良い日です。まとまった降雪がありましたので、ゲレンデ内でも十分楽しめるはずです。その際は滑走可能区域に注意してください。スキー場内での雪崩事故は、ほぼすべてが滑走禁止あるいは閉鎖区域で起きているからです。良い一日を。