雪崩情報

白馬

2021/03/26 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low 日中の降雪に留意
森林限界 Low 日中の降雨降雪に留意
森林帯 Fair 日中の降雨に留意

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

日中の昇温と降雨に留意

概要

雪崩

昨日(3月25日)は、森林帯上部にて全層雪崩の発生が観察されています。

積雪

アルパインの北側には以前の雪がドライで残っていますが、他は春の融解凍結サイクルとなっています。グライドクラックは拡大しており、落ち残りの雪ブロックなど、森林帯上部まで全層雪崩の危険は高まっています。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、晴れ、時々、くもり、所により、昼前から夕方、雨、最高気温14℃(標高418m)を予報しています。アメダス白馬(標高703m)にて気温-1.9℃(5時現在)、昨日の最高気温12.4℃(12時)です。

行動と地形の助言

高い気温の日が続いており、麓ではすっかり春モードですが、アルパインはまだ冬の様相です。冷たい強めの北西風が吹いており、今後、多少の降雪も予想されていますので、標高を上げる方は、その気象状況に注意を払ってください。小さい雪崩であっても、その滑り面は硬いこともあり、滑落するように流されることもあります。また、「地形の罠」が下方にあれば重大な結末となりえます。標高の低いところでの融雪は急速に進んでいますので、グライドクラックや沢割れなどにも警戒してください。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。