妙高 Myoko

190122 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(21日)は、真新しい雪崩は観察報告されていません。

積雪 Snowpack

20日朝から始まった荒天のサイクルでは、山岳域に80cm程度の新雪がもたらされています。この一連の荒天は、標高700m以下では雨、それ以上では低密度の雪から始まっていますが、この境界面での顕著な脆弱性は森林帯においては、これまでのところ観察されていません。しかし、森林限界以上の高い標高帯では不確実性が高く、大きな雪崩を起こしうる潜在的な危険要素として、まだ考慮しておく必要があります。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、北西の風、やや強く、雪か雨、時々くもり、最高気温4℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて、過去12時間で29cm、過去24時間で41cm、過去36時間で54cmの積雪深差を記録しています。標高1310mにて、気温-6℃(5時45分現在)です。

行動への助言

危険な雪崩コンディションの日です。たとえ森林帯にいても、その中に存在する雪崩発生区や走路に注意を払い、移動の際は、メンバーの間隔をを適切に開けるなど、原則的な行動様式を守るようにしてください。滑走する斜面の先に、小さい雪崩でも重大な結末となる「地形の罠」がないか確認するように。今日は、スキー場内で十分に新雪が楽しめる日ですので、経験が浅い人はそちらをおすすめします。その際は、スキー場が明示する滑走可能区域を守るように。よくわからない場合は、スキーパトロールに確認してください。