雪崩情報

白馬

2022/01/02 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Low
森林帯 Fair 昨日は人の刺激でウィンドスラブが動いています。慎重に行動しましょう。

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

アルパインエリアでは、他の標高帯に比べ、安定化が一番最後になります。

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(1日)には、1600mの南東向き斜面でサイズ2の面発生雪崩、1100mの南向き斜面でサイズ1.5の全層雪崩が観察されています。ともに自然発生です。アルパインエリアに関しては、視界が悪く観察がほとんど行われいていません。

積雪

年末(30日)より続いた荒天は、大量の降雪をもたらしました。昨日の午前中の強風(北~北西向き)で大きく再配分されました。樹林帯の中でも積雪表面にはウィンドスラブが形成されています。層構造には、場所による変化が大きく、場所によっては不安定な構造を呈しています。全体的には、沈降が進み安定化する傾向にありますが、その過程でスラブ化することでより大きな雪崩の可能性が上がることも否定できません。

天候

気象庁は長野県北部に対し、日本の南に中心を持つ高気圧に覆われますが、気圧の谷や日本海を南下する前線の影響を受ける見込みで、晴れで午後は次第に雲が広がると予報しています。アメダス白馬(標高703m)にて気温-16.9℃(5時現在)です。

行動と地形の助言

危険で難しいコンディションです。昨日は雪が風によって大きく移動させられました。標高が高い場所では、雪が溜まっていることとウィンドスラブが形成されていることが同義かもしれません。いきなり大きな斜面に飛び込むのではなく、小さな斜面、傾斜の緩い斜面、サポートされている斜面を探して慎重に行動するコンディションだと言えます。また、風で吹き払われた尾根筋は硬くなっており、滑落の危険も予想されますので、しっかりした準備が必要です。森林限界下での行動が楽しい一日だと思われます。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。