妙高 Myoko

220109 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(8日)は、スキー場の安全管理でsize 1の雪崩が観察されています。また、以前の荒天の最中に発生したと思われるsize 2の面発生雪崩が複数、観察報告されています。

積雪 Snowpack

森林帯では荒天の雪は沈降と焼結を進めています。本日は昇温が予報されていますので、積雪への影響を考える必要があります。標高が低いところでは全層雪崩、標高が高いところでは硬いスラブが人の刺激に反応しやすくなることがありえます。

天候 Weather

気象庁は、新潟県上越地方に対し、雨か雪、昼過ぎから時々くもり、南の風、やや強く、後、北の風、最高気温9℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-3℃(5時現在)、過去12時間で1 cm、過去24時間で14 cmの降雪がありました。

行動への助言

標高と方位の違うことで、積雪コンディションの大きく変わってくる日です。移動しながら、その変化に気づき、状況に合った地形選択をするようにしてください。昇温の程度によって、標高の低いところの雪の変化にも注意を。既にグライドクラックの入った斜面には近づかない、入らない、ようにしてください。雪は安定していると感じたとしても、適切な間隔を開ける、雪崩地形を外した場所で休憩するといった原則的な行動様式を大切に。それを日々、続けることが、万が一の時の事故を小さくします。良い週末を。