妙高 Myoko

220110 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair 日中の昇温による濡れた雪の雪崩に注意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(9日)は南面にて、午後、濡れた雪の点発生雪崩、サイズ1が複数、観察されました。

積雪 Snowpack

以前の荒天の雪は焼結を進めています。そして、昨日の気温上昇と日射の影響で、森林帯の南側では表層の雪の融解が進み、スノーボールや濡れた雪の点発生雪崩が起きていました。標高の高いところでは、西寄りの風が継続的に吹いており、地形局所に残るウインドスラブに警戒する必要があります。

天候 Weather

気象庁は、新潟県上越地方に対し、南の風、日中、北の風、くもり、昼過ぎから晴れ、最高気温6℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-4℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

標高を上げる方は、地形局所に残る不安定なウインドスラブに警戒してください。極端な形状や積雪を下支えしない地形を避けるように。昨日の気温上昇と日射の影響を強く受けた斜面ではクラストが形成するなど滑走しずらい状態となっています。スピードをコントロールし、樹木への衝突などがないようにしてください。地形の罠に気をつけつつ、賢いグループマネジメントをお願いします。良い週末を。