かぐら谷川武尊 Kagura Tanigawa Hotaka

190124 07:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(23日)は新しい雪崩の発生報告は入っていません。

積雪 Snowpack

以前の荒天の雪は沈降を進め、標高が高いところでは風下側にウインドスラブを形成しています。そこに昨日夕方からの降雪がストームスラブを形成しています。

天候 Weather

標高700mにて、過去12時間で19cmの新たな降雪があり、朝6時の時点で気温-4.6℃です。また、気象庁は群馬県北部に対し、北の風、くもり、山地では雪、最高気温0℃(標高360m)を予報しています。

行動への助言

危険な雪崩コンディションです。昨晩からの降雪が形成しているスラブに警戒してください。山をよく観察し、孤立した地形を避け、積雪を支えやすい斜面、地形の罠のない斜面を探してください。気温は下がっており、雪はとても良いコンディションですので、斜度を落としても、風の影響の弱い斜面であれば十分楽しめます。雪崩対策で、最も有効な方法は滑る斜度を落とすことであることを忘れずに。