雪崩情報

白馬

2022/01/20 08:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

今朝7時半頃から始まった強い降雪による

留意すべき雪崩

点発生乾雪雪崩 Dry Loose snow

今朝7時半頃から始まった強い降雪による

概要

雪崩

昨日(19日)は森林帯上部から森林限界付近の標高帯の北東~東に面した開放斜面にて、サイズ2-2.5の面発生雪崩が複数、観察報告されています。いずれも前日から当日朝の間の発生。

積雪

今朝7時半頃から時間降雪深3 cm程度の強い降雪が始まり、現在も続いています。

天候

気象庁は長野県北部に対し、南の風、日中、北の風、くもり、昼前から雪、最高気温-2℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて気温-4.9℃(5時現在)です。標高1,000m付近にて、昨晩からの新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

結合力の弱い雪による点発生雪崩に注意してください。傾斜があれば、樹林内でも発生します。雪崩が小さくとも、足元をすくわれ、樹木に激突すれば、致命的になりえます。標高を上げる場合、風の状態に注意を払って下さい。とても軟らかいストームスラブが形成し始めています。視界が悪い時は、自分の上方にある発生区の存在に特に警戒してください。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。