雪崩情報

白馬

2022/01/23 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

風の影響を受けていない極端な地形にて

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

南西~西寄りの風で移動した雪によるスラブ

概要

雪崩

昨日(22日)は真新しい雪崩は観察報告されていません。

積雪

20日に降り始め、その日の内に敏感に反応していた低密度の雪は、標高の低いところではほぼ解消していることが観察されていますが、標高の高いところの地形局所では、まだ警戒しておく必要があります。また、標高が高いところでは北西の風によるウインドスラブが形成していますが、昨日(22日)午後から西から南西へと上空の風向が変化していますので、その影響を考える必要があります。

天候

気象庁は長野県北部に対し、南の風、晴れ、昼前からくもり、最高気温3℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて気温-11.5℃(5時現在)、過去36時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

特定の地形局所に残る不安定性に注意してください。下支えのない凸状や極端な形状など、積雪が不安定となりやすい場所に注意を。標高が高い場所にある沢状あるいはボウル地形では、昨日午後から風向が変わってきていることを忘れずに。そのような場所では、地形の左側と右側でコンディションが異なることがしばしばあり、不安定な側にスキーやスノーボードで当て込みにいくと簡単に誘発します。誘発した雪崩が小さくとも、走路となる場所に灌木など樹木があれば、致命的になりますので、それも一つの「地形の罠」となります。地形を上手に使ったグループマネジメントをしつつ、良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。