雪崩情報

白馬

2022/02/11 04:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(10日)は、日中の降雪によるごく小さい点発生雪崩が複数、観察されています。

積雪

昨日、関東地方に大雪を降らせた低気圧の影響は白馬山域では小さく、その降雪量は僅かでした。その後、冬型の気圧配置となりましたが、まとまった降雪にはなっていません。主稜線付近では、強い真北の風が吹いており、森林帯上部より標高の高い場所では、その風によるウインドスラブの形成に注意する必要があります。積雪中層以下には、顕著な脆弱性は観察されていません。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、所により、夕方まで雪、最高気温4℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-3.2℃(4時現在)、過去24時間で4 cmの降雪を記録しています。

行動と地形の助言

ウインドスラブが形成した特定の斜面、斜面内の局所に注意してください。特に、東~南東~南に面した大きな地形は十分な警戒が必要です。スラブの下は、以前の日射で形成した融解凍結クラスト、風で叩かれた硬い斜面、あるいは前日の低密度な雪など、場所によって多様です。ある場所で大丈夫だったからといって安心しないように。地形が積雪を支えるような形状を持つか、斜面の先に「地形の罠」がないかなどを確認してください。連休が始まり、山は混雑が予想されます。雪崩地形の認識に基づく、自分たちの位置と、他グループとの関係に注意を払って下さい。安全な一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。