雪崩情報

白馬

2022/02/23 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Low
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(22日)は、サイズ2.5の自然発生のストームスラブが、標高1,500 m、東斜面にて観察(Twitter, #nadare2022)されています。また、やや視界があった際、谷筋を埋めるサイズ3の雪崩デブリが複数、観察報告されています。

積雪

昨日の時点で、2月20日からの大量降雪は森林帯にて100 - 150 cmに達し、19日の晴天で形成した融解凍結層がその下に埋没しています。この融解凍結クラストと荒天の雪の結合状態は、標高の低いところでは改善してきていることが一部、観察されていますが、刺激が届かないほど深い位置に埋もれているため、その状態は、依然として不確実性が高いままです。また、今回の大量降雪に伴う荒天の不安定は「継続中」と考える必要があります。昨日観察されているサイズ2.5の面発生雪崩が、その証拠です。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、時々、晴れ、朝、一時、雪、最高気温0℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-5.6℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪は観測されていません。

行動と地形の助言

とても危険な雪崩コンディションは継続中です。大量の降雪も時間が経つことで、沈降(沈む動き)することは、山の経験ある方であれば、経験していると思います。この動きは、あるときには良い兆候となりますが、あるときには「より大きな雪崩が発生しうる条件が整いつつある」になります。森林限界以上のフィールド観察情報は極めて限られており、主稜線では西寄りの暴風が吹いています。降雪は弱まっていますが、発生頻度は下がっても、大きな規模の雪崩の発生の可能性は十分に残っています。標高が低くとも、風の影響のある斜面、大きな地形、とても急な斜面、地形の罠があるような場所は避けてください。経験の浅い方は、スキー場内で新雪を楽しむに良い日です。安全な一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。