雪崩情報

白馬

2022/03/02 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Low
森林帯 Fair 日中の昇温と日射の影響に留意

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(1日)は、とても標高の低いところでサイズ1の濡れた雪の点発生雪崩が観察されました。

積雪

この数日の昇温と日射の影響で積雪表層の雪は沈降しています。北側の標高の高いところは、まだドライな状態ですが、南側では融解凍結クラストが形成しています。この上に、標高の高いところでは今朝までの降雪が載っていますが、その量は10 cm 程度と見積もられています。ただし、アルパインでは、とても強い北西~西の風が吹いていますので、ウインドスラブの形成が強く疑われており、南東面などでは特に警戒が必要です。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、時々、晴れ、最高気温7℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温1.3℃(5時現在)、過去24時間で3 cmの降雪がありました。

行動と地形の助言

標高を上げる方は旧雪の載るウインドスラブの形成を確認してください。日射の影響のある斜面では、すべり面になりやすい硬い雪面の上に載っています。スラブの形成が見て取れましたら、誘発点となりやすい凸状や孤立した形状の場所を避け、斜度を落としたラインを探してください。また、硬い雪面が露出しているところも多くなっていますので、滑落にも注意を。標高がとても低い場所では、日中の昇温の影響を考えてください。極端な地形にある雪ブロックは崩落しやすくなっています。自分の上部への警戒を忘れずに。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。