雪崩情報

白馬

2022/03/03 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Good 日中の昇温と日射の影響に留意

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(2日)は、標高の低い場所では、朝までに降った湿り気をもった新雪が人の刺激に反応していました。そして午後には、濡れた雪の点発生雪崩などが発生しました。一方、標高が高いところでは、朝までの新雪がウインドスラブを形成しており、東側の斜面にて、自然発生あるいは誘発でサイズ1-1.5の雪崩が発生していました。

積雪

森林限界付近から上部では、西寄りの風によるウインドスラブが形成しています。昨朝までの降雪量が少なかったこともあり、その形成規模は比較的小さく、局所的なものとなっています。しかし、旧雪とウインスラブの境界面に、部分的に結合がとても悪い箇所が複数の観察で発見されています。昨日からの降雪はなく、天気も良くなりますが、警戒を緩めないほうがよい場所がある、と考えてください。

天候

気象庁は長野県北部に対し、南の風、後、北の風、くもり、時々、晴れ、最高気温8℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-3.8℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

標高を上げる方は、東寄りの斜面に残るウインドスラブに注意が必要です。この不安定性は、広範囲に存在するというより、孤立した局所のみに残っています。ある斜面が大丈夫だったからといって、別の斜面もOKとはならない、と考えてください。とても急峻、あるいは凸状や孤立した形状の地形を見つけ、それを上手に回避するラインを探してください。。動きだすスラブが小さくとも、足元をすくわれた場合、発生区や走路の中に灌木などの樹木があると、重大な結末を招く「地形の罠」として機能します。安全地帯を上手に使った行動マネジメントで、良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。