雪崩情報

白馬

2022/03/08 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Good 昇温と日射の影響の強い斜面、および極端な地形に残る不安定な雪に注意

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

極端な地形に残る不安定なスラブと、昇温と日射の影響に留意

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩

昨日(7日)は、風の影響を受けた雪が堆積する斜面にて、サイズ1の自然発生の雪崩が観察されました。また、シューティングクラックも報告されています。

積雪

5日午後からのまとまった雪は、昨日の好天の影響で急速に沈降を進めました。森林帯では融解凍結層と新雪の境界面の結合強度が改善していることが、観察されていますが、標高の高い場所では、やや不確実な状態です。また、風の影響の強い場所では、硬い雪面が露出しているところも多々あります。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、晴れ、時々、くもり、最高気温7℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-3.0℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

特定の地形局所に残るウインドスラブに注意してください。現在、風は完全に収まっていますが、昨日は強い南西寄りの風が吹いており、北側の日陰斜面に雪を移動させています。積雪表層の状態を確認しながら、誘発点となりやすい凸状や孤立した形状の地形を避けてください。また、斜面の下方に「地形の罠」がないかの確認を。積雪が安定していると感じても、安全な位置で止まるなど、地形を使ったグループマネジメントをお願いします。それが万が一のときの事故を小さくします。良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。