雪崩情報

ニセコ・羊蹄・余市・尻別

2022/03/10 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Good 硬いウインドスラブが風下斜面の局所にあります。Isolated pockets of stiff wind slab on lee aspects.
森林限界 Good 凍結硬度が上昇するため、濡れた雪の雪崩が起こりうる状況となります。Wet slide activity may be possible as the freezing level rises.
森林帯 Good 濡れた雪の雪崩の活動は活発になります。Increased possibility of wet slide activity.

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

時間経過したウインドスラブがアルパインにはまだ残っています。しかし、このスラブは硬いため、人間一人の刺激で誘発するのは難しいと思われます。本日からの昇温は、このスラブが持つ不安定性の解消に役立つはずです。ただし、注意してほしいのは、凸状の部分などスラブに負荷が掛かっている、すなわち誘発しやすい場所を避けるということです。Isolated pockets of wind slab still remain in the alpine although these slabs appear to be stiff and hard to trigger by a single person load. The current warming trend will continue to settle these slabs throughout Thursday. Caution is still advised around natural trigger points such as convex roles where these slabs will have greater stress and should be avoided.

留意すべき雪崩

点発生湿雪雪崩 Wet Loose snow

晴天に恵まれる本日(木曜)の凍結高度は600mを超えるとされており、濡れた雪の活動が活発になりえます。日当たりの良い斜面では、積雪表層の強度が低下した指標として、露出した岩の周囲からの点発生雪崩を確認してください。凍結高度が下がると、それに伴い雪崩の危険性も急速に下がります。With clear sunny skies on Thursday and a freezing level reaching above 600m there is a possibility of wet loose activity in the heat of the day. Be wary of sinking into the snowpack on sunny slopes and look for signs of point release avalanche from rock features as an indicator the snow surface has become weak. The hazard rating will decrease quickly as the freezing level lowers and we have cloud cover in the coming days.

概要

雪崩

過去数日、真新しい雪崩の報告はありません。No new activity has been reported over the previous days.

積雪

以前に報告されたウインドスラブは落ち着きを見せており、硬度も増しているため、誘発するのが難しいようです。現在の最大の関心は、標高が低いところでの昇温と日射の影響です。凍結高度の上昇と共に、春の融解凍結サイクルの領域も広がっていっています。Previously reported wind slabs appear to be settling and becoming stiff and hard to trigger, our main focus now turns to the effect that warmer temperatures will have on the snowpack at lower elevations. Recent observations suggest we are starting to enter a spring melt-freeze cycle as the freezing level climbs up the mountains.

天候

高気圧に覆われるため、南からの風も弱く、本日(木曜)は昇温し、好天になると予報されています。この好天も、金曜の夕方には低気圧の通過に伴い、短い期間となりそうです。凍結高度も、この後、300 mより低くなることはないと予報されています。We expect low wind speeds from the south and a warm sunny Thursday as we remain under a dominant high-pressure system. The sunny skies will be short-lived as we expect a low to pass over in the evening bringing some precip on Friday. The freezing level is not expected to drop below 300m in the coming week.

行動と地形の助言

気温が上昇し、日射も強いですから、標高の低い場所で多々見られるグライドクラックの下に入り込まないようにしてください。また、樹木の上に載っている雪塊は硬く、落下の危険だけでなく、既に雪面に落ちたものにも警戒が必要です。標高の低いところ雪面は、濡れて重たくなるでしょう。With warming temperatures and a clear sky avoid anytime spent below glide cracks that can be found on many steep aspects at lower elevations. Any snow remaining in trees is likely to fall during Thursday creating hazards not only from above but also leaving large chunks of firm snow on the surface. The snowpack at lower elevations is likely to become wet and heavy today.

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。