雪崩情報

白馬

2022/03/16 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair 日中の昇温と日射の影響に注意。グライドクラックの入った斜面を避けるように。
森林帯 Good 日中の昇温と日射の影響に警戒。グライドクラックの入った斜面を避けるように。

留意すべき雪崩

点発生湿雪雪崩 Wet Loose snow

日中の昇温と日射の影響に留意

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

グライドクラックの入った斜面に近づかないように。

概要

雪崩

昨日(15日)は森林帯にてサイズ2の全層雪崩が観察されました。

積雪

昨日(15日)早朝の降雨は、短時間で終わり、それほど大きな影響を与えませんでした。しかし、高い気温が継続しており、グライドクラックは拡大し、不安定な状態にあります。標高が低いところでは、積雪表層が、まだ完全にざらめ雪となっていませんので、日中には水と多量に含んだストップスノーになっています。標高が高いところでは、昨日は強い西風が吹くことで硬い雪面状況となっています。

天候

気象庁は長野県北部に対し、南の風、後、北の風、晴れ、時々、くもり、最高気温20℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-0.7℃(5時現在)、過去12時間で新たな降水はありません。昨日は、13時に10.8℃を記録しています。

行動と地形の助言

標高が低い場所では方位に関わらず、全層雪崩に警戒してください。標高が高い場所を滑り、ツアーの後半、谷筋に入るルートも白馬山域では一般的です。その際、谷筋の両側壁にある雪はかなり不安定となっている可能性が高く、状況に応じて、登り返し、別ルートを検討してください。濡れた雪ブロックはとても重いため、小さいものが当たっただけで骨折等の原因となりえます。森林限界付近でも、南斜面ではグライドクラックが入っている場所があります。斜面上部からでは、それを視認できませんので、事前に下方からその状況を確認するようにしてください。安全な一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。