雪崩情報

白馬

2022/03/21 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Good

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

積雪が不安定化しやすい地形局所にて

概要

雪崩

昨日(20日)は真新しい雪崩は報告されていません。

積雪

19日に活発に反応した不安定性も、あっと言う間に落ち着きを見せました。春ですね。複数の観察では、新雪と旧雪の結合状態は良くなっており、顕著な不安定性は観察されていません。標高がとても低いところでは、落ち残りの雪ブロックは不安定な状態にあります。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、時々、晴れ、所により、昼前まで雪、最高気温8℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-1.0℃(5時現在)です。

行動と地形の助言

高い標高にある時間経過したウインドスラブに注意してください。このスラブは、人の刺激に対する反応は鈍いので、大きな刺激がなければ動きませんが、とても急、凸状や下支えのない形状など、積雪が不安定となりやすい地形局所では、誘発する可能性があると考えて行動することが必要です。また、標高が低いところでは、グライドクラックや落ち残りの雪ブロックに注意してください。安全な一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。