雪崩情報

白馬

2022/03/28 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Good
森林限界 Good
森林帯 Good

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

概要

雪崩

昨日(27日)は前日の降雨の影響によるサイズ1-3までの湿雪雪崩が多数、観察されました。また、日中の昇温と日射の影響により強度を失った表層の雪が、人的な刺激で湿雪雪崩を発生させました。

積雪

すべての標高帯で春の融解凍結サイクルに入っています。前日の降雨の影響で、積雪表層は十分に濡れたものとなっており、標高の低いところでは夜間を通してプラスの気温が続いていますので、グライドクラックや落ち残り雪ブロックの状態は悪化しています。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、時々、晴れ、所により朝まで雨か雪、最高気温11℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温2.7℃(5時現在)です。昨日(27日)は13時に最高気温10.2℃を記録し、夜間を通してプラスの気温が続いています。

行動と地形の助言

一時的な寒気の流れ込みと北西の風の影響もあり、標高の高いところの雪面は硬く凍結しています。登山・滑走、問わず、滑落に十分注意してください。それが多少緩む午後には、快適な春のザラメ雪の滑走が楽しめるはずです。一方、標高の低いところの雪の状態は良くありません。本日、十分な日射や昇温にならなかったとしても、グライドクラックや雪ブロックは不安定な状態にあると考えてください。特にツアー後半に谷筋に入るルート設定の場合、自分の上方がどのようになっているか、常に考えるようにしてください。天気は良くなっていく方向です。安全な一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。