雪崩情報

白馬

2022/04/05 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair 日中の昇温と日射に留意
森林限界 Good 日中の昇温と日射に留意
森林帯 Good 日中の昇温と日射に注意

留意すべき雪崩

全層雪崩 Glide slab

グライドクラックの入った斜面に警戒

留意すべき雪崩

点発生湿雪雪崩 Wet Loose snow

日中の昇温と日射の影響の強い急斜面に注意

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

ハイアルパインの極端な地形形状にあるスラブに警戒

概要

雪崩

昨日(4日)はアルパインエリアにて、サイズ1.5の点発生乾雪表層雪崩が観察されました。これは降り続いた雪によるものです。

積雪

アルパインでは過去48時間で5-10 cm程度の降雪があった模様です。昨日の時点で、その新雪による点発生雪崩が発生しています。風向は北西寄りに変わっており、ハイアルパインでは、その風で形成したスラブに注意する必要があります。また、気温が高かったため、森林限界付近での新雪はすぐに湿るあるいは濡れた状態となり、ストップスノーとなりました。本日は天気が回復し、大幅な昇温が予報されていますので、その影響を考慮する必要があります。

天候

気象庁は長野県北部に対し、北の風、晴れ、朝晩、くもり、最高気温19℃(標高418m)を予報しています。白馬山麓(標高703m)にて、気温-0.9℃(5時現在)です。

行動と地形の助言

すべての標高帯で日射の影響の強い急斜面では、濡れた雪による雪崩に注意してください。標高が高いところでは、昨日までの新雪が緩むかたちで、新雪がない標高では、朝は凍結していた雪面が緩むかたちで発生します。スノーボールの発生や、足元の雪が緩んできた変化に気づくようにしてください。止まる・休憩するときは、自分の上方にとても急な斜面がないかの確認を忘れずに。また、ハイアルパインでは、凸状や下支えのない極端な地形局所に形成した不安定なスラブに注意してください。良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。