雪崩情報

妙高

2023/01/03 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair 妙高山系の北側のみ。南側は「3 Considerable」
森林限界 Fair 妙高山系の北側のみ。南側は「2 Moderate」
森林帯 Fair 妙高山系の北側のみ。南側は「2 Moderate」

概要

雪崩

昨日(1月2日)は、スキー場の安全管理にて、サイズ1の雪崩が報告されています。標高の高い場所の情報は入っていません。

積雪

妙高山系の北側にて降雪が多く、森林帯にて60-80 cmの新雪となっています。山系は西寄りの風を受けており、標高が高い場所ではウインドスラブが形成しています。森林帯の風の影響のない場所では、雪は柔らかく、新雪が順調に沈降している状況が確認されています。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、西の風、雪、最高気温4℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310m)にて気温-7℃(4時45分現在)、過去24時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

妙高山系の北側にて、雪崩危険度は高い状態にあります。たとえ森の中にいても、自分の上方に大きな発生区がないかを考えてください。大量降雪の場合、森の中でも、斜度が十分にあれば、雪崩は発生します。規模は小さくとも、雪は重いですので、樹木に激突すれば、重大な結末となります。また、短期間での降雪によって、地形の罠が隠されています。新雪の下に何が隠れているのか、考えるようにしてください。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。