雪崩情報

妙高

2023/01/06 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(1月5日)はスキー場の安全管理作業にてサイズ1の雪崩が観察されています。山岳エリアでの新しい雪崩の報告は入っていません。

積雪

山域の北側にて、まだ、弱い降雪が続いていますが、本日で元旦からの荒天のサイクルは終わりになりそうです。標高の低いところ雪は、順調に沈降と焼結を進めていることが観察されています。一方、標高の高い場所では、連日、強い北西~西の風が吹いていますので、ウインドスラブに警戒が必要です。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、西の風、後、南の風、雪か雨、昼過ぎから、くもり、最高気温5℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310m)にて気温-6℃(4時45分現在)、過去24時間で新たな降雪はありません。

行動と地形の助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。ウインドスラブの形成に警戒してください。雪面の状態をよく観察し、地形局所に形成しているスラブを見抜くように。雪崩を誘発しやすい凸状地形や、地形が積雪を支えない孤立した形状の場所を避けてください。森林帯下部は、まだ雪が足りません。露出している「地形の罠」に警戒してください。安全な場所で止まる、適度な間隔を空けて移動するなど、原則的な行動様式を大切に。それが万が一のときの事故を小さくします。良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。