雪崩情報 Avalanche Information

雪崩情報の使い方

かぐら谷川武尊 Kagura Tanigawa Hotaka

200220 04:41

雪崩危険度と傾向 Avalanche Danger Rating and Trend

標高帯 Elevation 信頼度 Confidence コメント Comments
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要 Summary

雪崩 Avalanche

昨日(19日)、谷川エリアの1600m付近の東斜面にて自然発生の面発生雪崩サイズ1.5の観察の報告があった。

積雪 Snowpack

高い標高帯では硬く凍結したクラストの上に、昨日までの荒天による積雪20-30cmが載っている。この降雪は北西寄りの風により尾根状の場所から吹き払われ、風下の稜線、支尾根直下にウインドスラブを形成しており、沈降が進んだ。

天候 Weather

4時現在、アメダス藤原での新たな降雪はない。気象庁は、関東の東を進む低気圧や、気圧の谷の影響により、曇りの予報を出している。

行動と地形の助言 Travel and Terrain Advice

高い標高帯の稜線、支尾根直下の極端な急斜面に局所的に残るウインドスラブの不安定性に留意してください。低い標高帯では先日発生した全層雪崩のデブリ(堆積物)が薄く隠されています。稜線は吹き払われ硬く凍結しているため滑落にも注意が必要です。先日の昇温により、発生した雪崩のサイズが小さくても被害を大きくしてしまう深い沢、がけ、岩、立木等の「地形の罠」が露出しているため、下部の地形に注意してください。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。If you observe important information that indicates instability, such as a new avalanche, please send us the information using the "Information Posting Form" or "Email". Your cooperation will help us to improve the avalanche bulletin. Thank you.