雪崩情報 Avalanche Information

雪崩情報の使い方

白馬 Hakuba

210120 05:30

雪崩危険度と傾向 Avalanche Danger Rating and Trend

標高帯 Elevation 信頼度 Confidence コメント Comments
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要 Summary

雪崩 Avalanche

昨日(1月19日)は森林帯にてスキーカット等など人的な刺激でsize 1のウインドスラブの雪崩あるいはシューティングクラックが観察されています。いずれも極端な地形形状など局所にて。

積雪 Snowpack

18日夕方からの降雪は19日昼までに、森林帯にて50-60cmとなりました。そして19日午前から極めて強い北寄りの風が吹き、風下側にはスラブが形成しました。昨日午後の時点で、極端な地形形状の場所にて、形成したてのウインドスラブが人的な刺激に反応しています。また、この強風のため、白馬の多くのスキー場ではリフトが運休となっています。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、くもり、昼前から晴れ、所により、朝まで雪、最高気温2℃を予報。アメダス白馬(標高703m)にて気温-8.9℃(5時現在)、過去12時間で新たな積雪深差はありません。

行動と地形の助言 Travel and Terrain Advice

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。斜面をよく観察し、昨日の強風の影響を探してください。尾根筋など風が強く当たるところは、以前の硬い雪面が露出しているでしょうが、風下側には、まだ十分に安定していないウインドスラブが残っています。以前の低密度の雪の上に、ウインドスラブが載った不安定な「逆構造」の場所もあります。また、地形を見る際は、局所の凸状といった小さいスケールだけでなく、大きな斜面全体が丸みを帯びて凸状の特徴を持っていないかなど、規模も考えるようにしてください。大きな地形であれば、表層の雪が薄く雪崩れただけで、その規模は大きなものになりえます。また、その下層に流れやすい軟らかい新雪があることも規模を大きくしやすくします。地形を上手に使った原則的なグループマネジメントで良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、「 > 投稿フォーム 」あるいは「 > メール 」で情報をお寄せ下さい。皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。If you observe important information that indicates instability, such as a new avalanche, please send us the information using the " >Information Posting Form " or " >Email ". Your cooperation will help us to improve the avalanche bulletin. Thank you.