雪崩情報

かぐら谷川武尊

2021/02/11 06:13

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Low
森林限界 Low
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩

昨日(10日)、1900m付近の北東斜面で過去24時間以内に発生したと思われる面発生雪崩サイズ1が観察された。

積雪

7日から10日朝までの荒天による積雪は、徐々に沈降が進んできている。昨日の日射の影響を受け、南寄りの斜面ではクラストを形成した可能性がある。標高の高い場所では、その上に深夜からの新たな降雪が30cm以上載っている見込み。南寄りの斜面では7日に埋没したクラスト上部の再結晶化による結合の低下の可能性が報告されていたが、解消されつつある。

天候

5時現在、アメダス藤原周辺での過去12時間の降雪は14cm。気温-0.8℃。現在も降雪は続いている。気象庁の発表では、高気圧に覆われるが、気圧の谷や湿った空気の影響を受けるため、山麓では曇り後晴れで明け方まで雪の予報を出している。

行動と地形の助言

急斜面に形成されている新たなストームスラブの結合に注意してください。開けた急斜面や斜度が急激に落ち込むような場所からの誘発に注意が必要です。発生した雪崩のサイズが小さくても被害を大きくしてしまう深い沢、がけ、岩、立木等の「地形の罠」に注意してください。現在も降雪が続いています。降雪量や風の影響などの気象の変化による危険度の上昇に注意して行動してください。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。