観察データ

観察データの使い方

かぐら峰

180402
日付と場所
投稿者 Observer 長井 淳
観察日付 Observation At 180402
投稿日時 Posted At 180402 19:07
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain かぐら峰
場所 Location 高石尾根
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1400m〜2010m
気温 Temp. 9.9(1240hrs / 1750m) 〜
天気 Sky FEW 雲量1-3(霞がかかり、遠景は見通せない。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 新しい雪崩の観察はない。 風下の極端な急斜面や、ノールした急斜面ではグライドクラックがいくつも見られた。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 昇温により、1日を通して雪面のザラメは緩んでいた。 FP5-10cm。 また、積雪内に埋没していた樹木が連日の昇温による積雪の融解により、広範囲で露出していた。
Spin No
コメント Comments 連日の昇温により、谷のボトムの谷割れやスノーブリッジの崩壊に注意が必要。
動画URL Movie
総括